crossorigin="anonymous"> Day 3 in Penang, Malaysia:毎日行列の「ダックライス」!! - yuuka blog

Day 3 in Penang, Malaysia:毎日行列の「ダックライス」!!

午前中はお洗濯とウェブ会議

自他共に認める雨女な私。

日本にいた時にチェックした天気予報では、ペナンは全日程雨のはずだった。

7月は雨季にあたるが、珍しく、滞在期間中にまだ一度も雨を見ていない。

今日も天気が良いので、朝から洗濯をすることにした。

その後は、お昼過ぎまでがっつりウェブ会議。

会議中にお腹がぐう〜〜となるほど空腹だったので、終わってすぐお昼ご飯を食べに出かけた。

今日のハイライト「Duck Rice」

ホテルと同じ筋に、午前中からお昼過ぎまでずっと行列のお店がある。

何のお店だろう。

店内は満席で、店頭にはテイクアウトで商品の受け取りを待つ人々。

「あそこで注文するんだよ」と教えてくれる他のお客さん。

店員さんたちは忙しすぎて手が空く気配が全く無いが、勇気を振り絞って大きな声で話しかけた←

怪訝そうに私の顔を見るキッチンのおじさん。

「これと同じのが食べたいの?」

と一言、聞いてくれたが、そのおじさんが指差している先には山盛りの「Duck Rice」が(!)

さすがに食べきれんか、と思い「Yes, half size, please」と答えると「OK」のジェスチャーをして作業に戻っていった。

(注文できて安堵)

お店で提供しているのは、「Duck Rice」のみ。

店頭には「Duck」の丸焼きが吊るされ、おじさんがそれを慣れた手つきで捌いていく。

わりとショッキングな絵だったので、撮影は自粛・・・

地域の人がここまで列を作るんだから相当美味しいんだろう、と期待半分。

「Duck rice」という食べ物は生まれて一度も食べたことがない(聞いたこともない)ので僅かながら不安もありつつ。

しばらく待っていると登場。じゃーん!※これ、Half sizeですよ

山盛りのお肉とライス、そしてチリソースがやってきた。

一口食べると、お肉の皮の部分はカリッとしていて、内側は柔らかく、さっぱりとした口当たり。

これに甘い味噌(写真の黒いソース)を付けながら食べる。

ご飯にも、この味噌だれがかけられていて、お肉と一緒にいただくのだが、これがもう驚くほど絶品。

味変で辛いチリソースにディップしながら食べると、ピリッとメリハリの効いたまた違った味わいが楽しめる。

いやあ、驚き。

やっぱり、地域の人でいっぱいの店に入るべきだ。

ところで、「Duck rice」の注文を手伝ってくれたのが、私より一回り上の午年 笑 だというHanさん。

「一人ですか?一緒に食べても良い?」

と日本語で話しかけてきてくれた。

20代の頃に、日本で2年間ワーホリしていたらしく、今はジョージタウンの「Jetty 35」でベトナムコーヒーを提供するカフェのオーナーなんだそう(Google Map口コミ4.6!)。

写真を撮ったり、ビデオを撮ったりと忙しない私を横目に、特にずっと付いてくるようなこともなく、彼は彼でコーヒーを2杯飲んで(同じく仕事の昼休憩中だったらしい)絶妙な距離感で接してくれた 笑

ここで注意書きしておきたいのは、私は誰にでもほいほい付いていく方ではなく、独自の← 肌感覚でその人が信頼できるかどうかかなり見極めている。

海外旅行初心者の時からこれまでに騙されたり、宝石屋に連れて行かれたり、ガイド代を後で請求されたり、iPhoneを盗まれたり、色々あったからこそ、あくまで自己責任(←「独自の肌感覚」のクオリティーw)。

でもこちらが警戒しすぎて、ただのいい人だった例も(申し訳ない) 笑

とにかく異国の地では、色々な方面にアンテナを張り、危機意識を忘れず、緊張感は持っておくべきかな。

Hanさんは、食べ終えると私の分のランチ代もさっと支払ってくれて、「Bye!」と言って仕事へ戻って行った。

カフェで作業もWiFiが激弱・・

厨房のおじさんに「Thank you!」と言って「Good」のジェスチャーをすると、初めて笑顔を見せた。

職人さん、カッコ良いなあ。

お腹も満たされ、カフェまで歩く。

今日は一日作業が立て込んでいるので、夜ご飯までお籠りの予定だ。

「The Nook Book And Coffee」のドアを開ける。

店内は、落ち着いた雰囲気で、秘密基地のような入り組んだ構造が面白い。

電源も完備され、ほぼ個室のような場所も。

「キウイ・マンゴーソーダ」を注文し、早速作業へ。

しかし、席が悪かったのか・・

Wi-Fiがぶつぶつ切れてしまい、仕事にならず。

ドリンクをすごい勢いで飲み干して(勿体無い)結局安定のホテルのWiFiにお世話になることにした。

ただ、雰囲気はとても素敵なので、観光中の休憩スポットにはもってこい。

早めの夜ご飯には「ナシゴレン」が食べたい

18時半ごろまで作業し、早めの夜ご飯を探すことに。

何度も前を通っていたものの、レストランだと気づいていなかった「ICHI TONG」に入った。

ずっと食堂や屋台で食べていたので、初めてちゃんとしたレストランに入るような・・笑

中に入るとほとんど満席で、人気店のようだった。

天井が高く、開放的で、壁にはアートも。

奥の方では、ガラス張りのキッチンで、調理シーンを目の前で見れる。

今日はそろそろマレーシアの定番料理「ナシゴレン」を食べますか、と思い、注文したのがこちら。

私はわりと辛いものが得意な方だが、このナシゴレン、超激辛で最後の方は喉も通らなかった 笑

ミルクティーは安定の美味しさで、程よい甘さが辛味で痛む喉を癒してくれる。

味はとっても美味しかったので、今度はスパイシーじゃないナシゴレンでリベンジしたい。

ミルクティーをもう一杯テイクアウトにしてもらってホテルに戻った。

このミルクティー、どうやって作るんだろう。日本でも飲みたい。

フリーランス仲間とオンライントーク(※遊びです)

ホテルに戻り、このブログを書きつつ、前から予定されていた、私の所属するオンラインコミュニティー「旅と写真と文章と」の中堅〜やや古株メンバー(笑)5人で、久々のZOOMお喋り。

これからアメリカ・カナダに一人旅に行く人、先日デンマークから帰ってきた人、もうここのコミュニティーでは海外旅行が元に戻りつつあるなあと、話を聞きながらわくわくする。

もうすぐフリーランスになるメンバーを含め、全員会社員じゃない人ばかりの集まり。

今のお仕事のお話や悩み相談とか、近況報告とか。

これまでもたくさん教えてもらってきたけど、フリーランス先輩方の話を聞くと共感したり励まされたり、ポジティブな感情が溢れる。

マレーシア時間の深夜12時(日本は1時!)に解散。

外は、スコールでひどい雷と豪雨だった。

この影響だろうか、WiFiも急に繋がらなくなり、水道の水は出なくなった。

今日はもう寝もう。